起業スクール

 

 

日本の起業率 なぜ低い?

1990年代、公的な起業支援が盛んに行われるようになり、
低コストで事業を立ち上げる手法が広く浸透しました。
そのため起業後に大きな借金を背負いこみ、大失敗する起業家は少なくなりました。
また「好きなことでメシを食おう(スキメシ)」というフレーズに背中を押され、
起業に踏み切り、充実した毎日を過ごされる方も多く現れました。
しかし、日本の起業率が増えないのはなぜでしょうか?
起業率が増えないサイクルについて考えてみました。


 「好きなことでメシを食うぞ」と起業してみたものの
 実際は食えていない。
    ↓
 食えないから事業継続ができない、次の展開へも進めない。
    ↓
 いつかオレも!と起業を希望する会社員も多いが、
 その実態を知ると、会社を辞めてまでなぁ、と踏み切れないのが実状。


つまり、起業率を上げるには、失敗してもやり直せるという支援を充実させるより、
「起業後、稼ぐために何をしなければならないのか?」
起業家はここに注力し、支援機関も、ここにフォーカスした支援を行う必要があります。

 

起業支援の問題点とは?

起業支援といえば公的機関が実施する支援を想い浮かべる方も多いと思いますが、
(わたしも今まで多くの公的な起業支援に携わってきました)
公的機関の支援が抱える問題点は多いです。


公的な起業支援の問題点

(1)情熱が足りない

国から予算が配分された。しかし自分たちではできない。よし、民間企業に依頼しよう。
このような流れで起業塾などの多くは組み立てられますが、
「とりあえず昨年と同じ内容で」といった無難なカリキュラム構成にしてしまい、
「問題なくやりました」と国への報告書の提出を着地点と考えてしまいがちです。
そのため、メリハリのない講義内容、最後にプラン発表しておしまい、というパターンが多いです。

(2)自分で事業をしてない講師が多い

講師を担うのは自分で事業をしたことがない士業の方が多いため(自分の事業計画書を作ったことがない)
「どうすれば注文がもらえるのか?」
といったリアルな手法については、講義の中でも触れられず、
書籍を読めばわかる程度のレベル
「事業計画書の作り方、経理、会社設立」
など知識の埋め込みが主となりがちです。

(3)継続した支援ができない

単年度事業のため、年をまたいだ継続支援ができません。
起業支援とは複数年にわたりフォロー、サポートすべきですが、
予算に変動がある、人事異動により方針が変わる、などから、
継続的に支援できていないのが実状です。


他の起業支援との違い 横浜起業スクールの特長

力を入れる支援項目は下記の5つです。

  1. お客様視点によるBP(ビジネスプラン)作り
  2. 売れるキャッシュポイント作り
  3. 買いたくなる圧倒的な強み出し
  4. 見せるだけで注文が入るホームページ・チラシ制作
  5. プランコンテストで勝てるプレゼンスキル

カリキュラム(全5回)

※講義内容、順番については変更する場合があります。

第1回 「売れそうでワクワクする事業計画書の作り方」
第2回 「売れる!キャッシュポイント、収益導線の作り方」
第3回 「見せるだけで注文が入る!ホームページ・チラシの作り方」
第4回 「プランコンテストでも勝てる!心を動かすプレゼンテーション」
第5回 「アクションプラン、営業ツール・プレゼン発表会」

 

★ 修了後も1ヶ月間、無料コンサルティング付き


スクール対象者

起業予定者、起業家、経営者

事業を継続したい社会起業家


★こんな方はぜひ受講をご検討ください。

  • 会社を辞めて起業したいが、年収は下げたくない。
  • 将来のために起業できるノウハウを身につけたい。
  • 資格取得を目指しているが、稼げるスキルも身につけたい。
  • 起業したものの、思うように売上が上がらない。
  • 起業と同時に注文が入るホームページを作りたい。
  • 注文がもらえる事業プランに仕上げたい。
  • 稼げるキャッシュポイントにしたい。
  • ビジネスプランコンテストで優勝したい。

スクール概要

講義スケジュール

現在、調整中です。

概要

講義、ワークショップ、プラン発表会、交流会(懇親会)

開催日

現在、調整中です。

会場

横浜起業スクールセミナールーム
(横浜市中区南仲通3-35横浜エクセレントⅢ5F)

時間

各回とも2時間

定員

各期とも10名

費用

30,000円(税別)

講師

株式会社Y-プロデュース 代表取締役
横浜起業スクール代表 野竿 達彦

起業スクールのミッション

会社員のときより年収がアップする起業家を、ひとりでも多く輩出させる。

事務局スタッフ行動指針(クレド)

  1. いつも自然な笑顔でお客様をお迎えします。
  2. 時間、約束は必ず守ります。
  3. お客様の個性を尊重します。
    ネガティブな言葉は口にしません。
  4. どんな場面でも前向きな思考で行動します。
  5. スピーディに素早く対応します。
  6. ナイスパスを心掛けます。
  7. ミッション遂行のため、全力を尽くします。
ページの上へ